スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37回連盟祭~四雄の宴~ 連盟方針

2月22日月曜日に18時30分より、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて第1回連盟会議が行われました。
本日は初めに、今年度の連盟方針を記します。

関西四私立大学応援団連盟 平成28年度連盟方針

「継」

我々、関西四私立大学応援団連盟は応援団の伝統を未来へ継ぎ、情熱ですべての方々と応援団を繋ぎ、発展していく。

①繋

 関関同立応援団同士の繋がりが密になることにより、お互いをより刺激し尊重し合うことができ、団員自身や団体、組織としての成長・発展に繋がる。また、連盟を通じて出会った方々との繋がりを大切に活動していく。

②熱
 
 同じ志を持った仲間が集まることにより熱が生まれる。この熱こそが我々関西四私立大学応援団連盟の活力であり、存在の源である。そしてこの熱は我々関西四私立大学応援団連盟のみでなく、周囲の方々を巻き込む大きな力となる。

③発信
 
 「応援団」は日本独特の文化であり日本の財産である。この伝統を未来に繋いでいくために、我々関西四私立大学応援団連盟から「応援団」という文化を世の中に発信し続けなければならない。また、連盟祭を行うことのみを目標とせず、関西に、日本全国にこの名を轟かせ伝統を引き継ぎ発展していくことを目的とする。

④組織
 
 100年200年と続いていく組織にするために、より民主的で透明性の高い組織を目指す。そのために委員会制度を継続・改善することで団員や周囲の方々に、より身近に感じていただける組織づくりを行う。


今年1年宜しくお願い致します。
次回は今年度の連盟委員を紹介します。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。