FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連盟規約について


関西四私立大学応援団連盟規約

第一章 総則

第一条 本連盟は関西四私立大学応援団連盟と称す。
第一項 四私立大学応援団とは
関西大学応援団
関西学院大学応援団総部
同志社大學應援團
立命館大学応援団   のことをさす。

第二条(所在地)本連盟の所在地はその年度の連盟委員長が所属している応援団の所在地とする。
 関西大学   大阪府吹田市山手町3-3-35
 関西学院大学 兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-1-115
 同志社大学  京都府京田辺市多々羅都谷1-3
 立命館大学  大阪府茨木市岩倉町2-150

第三条(目的)本連盟は以下に示す項目を目的として活動する。
第一項 四私立大学応援団の親睦、団結を図る。
第二項 学生スポーツの正常な発展を図り、体育会会員の発奮、又母校愛の高揚を促す。
第三項 四私立大学応援団が互いに切磋琢磨することにより個々の技術向上を促す。
第四項 応援団連盟の存在、活動を広く学生、社会にアピールする。

第四条(活動)本連盟は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
(一)連盟祭
(二)四校の連絡提携情報の交換
(三)その他連盟会議で必要と認めた活動

第五条(構成)本連盟の連盟員は関西四私立大学応援団の団員で構成する。

第六条(意思決定)本連盟の意思決定機関として連盟会議を置く。

第七条(当番校制度)本連盟の運営及び活動を主導的に行う大学を当番校と称す。
第一項 当番校は一年を任期として各大学がもちまわりで行う。
第二項 当番校は連盟会議で決定する。
第三項 連盟会議は原則として当番校の校地内で行う。

第八条(組織) 本連盟の活動を円滑にする為に、連盟本部、広報委員会、総務・会計委員会、企画・運営委員会を設置する。
  第一項 連盟本部は広報委員会、総務・会計委員会、企画・運営委員会(以下3パートと略す)の3パートを統括する。また連盟本部は当番校の委員から役員を含め三名とする。
  第二項 3パートは各当番制とし担当校の役員と各校の委員で構成する。
         <参照>組織図
組織図2


第二章 連盟会議

第九条(連盟会議の地位)連盟会議は本連盟の意思決定機関であり、役員及び委員で組織する。
第一項 役員は各大学一名とする。
第二項 委員は各大学若干名とする。
第三項 役員と委員は各校がこれを定めるものとする。
第四項 連盟委員長は当番校の役員がこれを務める。

第十条(連盟会議の定足数、議決の成立)
第一項 連盟会議は全役員の出席で成立する。
第二項 議決は連盟役員全員及び出席した委員全員の賛成をもって成立するものとする。

第十一条(役員の罷免)
第一項 連盟役員の罷免の採決を行う際は全役員及び全委員の出席を必要とする。
第二項 罷免の議案を出された当該役員以外のすべての役員の賛成及び全委員の賛成をもって当該役員を罷免する。
第三項 不信任決議を受けた役員は一回のみ不服申し立てをすることができ、これを次回の連盟会議の議題とすることができる。
第四項 役員が罷免された場合、新たな連盟役員は現連盟委員の中から決定する。

 第十二条(召集)連盟会議は必要に応じて役員及び委員以外の人物を召集し、会議に参加させることができる。


第三章 会計

第十三条(会計)本連盟の口座管理は連盟本部で管理するものとする。
第一項 本連盟の運営費は総務・会計委員会が予算案を提出し連盟会議によって予算を決定し、その決定した予算を各校に請求するものとする。
第二項 運営費の支出は連盟会議で定めこれを行う。
第三項 決算報告は年度末までに連盟会議にて総務・会計委員会より発表する。

第十四条(会計監査)会計監査はこれを毎年最低一回行うものとする。
第一項 会計監査は全役員及び総務・会計委員会がこれを担当する。
第二項 総務・会計委員会は随時、連盟会議時に会計監査報告を行う。


第四章 改正

第十五条(改正手段)本規約の改正は連盟会議事項とする。
第一項 連盟規約の改正は役員・委員全員出席のもとで行う。
第二項 連盟規約の改正は各校連盟役員全員及び全委員の3分の2以上の賛成をもって成立するものとする。


第五章 補足

第十六条(規約の施行日)この規約は平成27年4月27日から施行する。



関連記事
スポンサーサイト
連盟歌 | Home | 応援歌(関西大学)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。