FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Facebook企画】 4月応援団紹介:同志社大學応援團

今週は同志社大學應援團です。
11196251_1025421307469884_293222633368288523_n.jpg

今年で創團107年目を迎える同志社大學應援團は明治39年相撲部の誕生と共に、大会出場の際に運動部各部の主将・有志が集まり組織的応援が初めて行われたのがきっかけで結成されました。昭和26年には他大学応援団に先駆け「吹奏楽部」を編成し、昭和53年には現在のチアリーダー部の礎となる「バトン部」が発足しました。戦後においては社会の風潮が大きく変化していき、古き良き伝統を重んじる應援團の姿に対して学内からの批判の目が向けられてきました。その為、学内における應援團の位置付け・役割の再確認をするという試みを行い、応援形態をいっそう華やかにするようになりました。その後、時代の変化と共に様々に組織形態が変わっていきましたが、現在では指導部・吹奏楽部・チアリーダー部が三部一体となって同志社を勝利に導くという創團以来受け継がれた意志の下に、昔より存在している「自主管理・自主運営」「相互討論・相互批判」という理念に基づいて活動を行っています。
11203174_1025421424136539_2760690890313028120_n.jpg

11170323_1025421404136541_3900234474757383593_n.jpg

同志社の応援歌と言えば、全て歌詞が英語で書かれた他に類いを見ないこの応援歌。この歌、この曲、このメロディー。この曲の前奏を聴きますと、今でもどうしようもない武者震いが致します。同志社勝利の下に常にこの応援歌あり。全関西のみならず、全日本をも風靡し、遠くは神宮の森にまで木霊したと言う、勝利と攻撃の名応援歌、応援歌『Doshisha Heroes』です!皆さん、同志社スタンドで是非一緒に歌いましょう!

(again)Doshisha heroes ever must win, Fight to the finish, never give in, La La La All play your best, boys, We'll do the rest, boys. Fight for the Victory. La, La, La, (again) Doshisha wins today.
1472017_1025421437469871_1944583596213723520_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【Facebook企画】 4月応援団紹介:立命館大学応援団 | Home | 【Facebook企画】 4月応援団紹介:関西学院大学応援団総部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。