スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成27年度方針


関西四私立大学応援団連盟 平成27年度連盟方針


「前進」

我々、関西四私立大学応援団連盟は、連盟規約に基づき「前進」を方針として掲げます。

①挑
 挑む気持ちを忘れない。物事への挑戦することをはじめ、他大学との関わりを持つことや、新たな場へと踏み込んでいきます。連盟委員が率先し1歩でも前進する年にし、何事にも臆することなく、おそれずに進んでいきます。


②縁
 
 各々の大学の応援で、パート間のつながりを感じたり、各々の応援団の色を出したりするのはもちろんのこと、関関同立応援団同士のつながりを公私共に感じ、関わっていきます。関関同立のまとまりと、そこから生み出される力を魅せます。一期一会ともいう様に、関西四私立大学応援団として出会った縁、ここで得た人と人のつながりを大切にします。
 我々の関係は、連盟祭の時だけで終わるものではなく、他の活動においても影響を受け、切磋琢磨し、お互いの活動に関わるものです。

③発信・発展
 
 我々は連盟祭を行う為だけに集った寄せ集めの団体ではありません。我々は、各大学の応援団員であると共に連盟委員です。連盟の発展の為に働きかけます。今後、我々の応援団が続いていくように、関西四私立大学応援団連盟も100年、200年と続いていく団体にしていく為に、我々は常に絶えず発信し、発展していきます。

④行動
 
 上記のような連盟となる為に、本年度は連盟の新たな体制・運営についての基盤を確立します。活動においては、主幹校が統率を取り、他の関関同立の応援団をまとめます。運営においては、主幹校だけが責任感を持つのではなく、関関同立の応援団の連盟委員が『関西四私立大学応援団連盟の連盟委員』としての自覚・誇り・責任を持ちます。
 我々連盟委員は、関西四私立大学応援団と団員を導く存在であり、我々が今後の関西四私立大学応援団連盟を指し示す存在となります。


関連記事
スポンサーサイト
Doshisha Heroes(同志社大学) | Home | 第一応援歌「グレーター立命」(立命館大学)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。